ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 新年度の準備

No.165新年度の準備2016年12月 7日

==============================
 ナビゲート通信 No.165
                2016.12.07(月1回発行予定)
==============================

      ★ 新年度の準備 ★

気づけば師走。2016年も残り1カ月を切り、
1年のスピードの早さに驚いています。

私自身1年を振り返ると今年最初のナビゲート通信で
「健康第一」と書いたことを思い出しました。
(No.156「今年も元気に頑張ります!」)

実は今年で40歳の大台にのったこともあり、
家族が勤める医療機関で初めて人間ドッグを受けてきました。
贅沢にも頭のてっぺんから足の先まで
くまなく検査するフルコースです。

日頃の不摂生は十分自覚していますし、
また最近周囲でも大きな病気が見つかるなど、
結果をかなり心配していたのですが、検査結果はおおむね良好。

生活習慣を少し見直す程度でまだまだ大丈夫そうです。
(と思った矢先、つい先日、自転車でド派手に転倒してしまい、
怪我をしてしまいました......反省)

さて今年1年を振り返ると同時に、
来年度の計画を考える時期でもあります。
弊社のお客さまも2017年度の教育計画の策定、
新入社員研修のスケジュール調整、OJT制度の導入・見直しなど、
さまざまな準備が進んでいます。

特に新入社員研修に至っては、
講師の日程確保の競争が始まっています。
あるシンクタンクの2016年度調査レポートでも、
新入社員研修は増加傾向にあり、
研修施設・研修講師の供給が追いつかないと報告されました。

皆さまの会社では、研修計画はお決まりですか?
新入社員研修や新人の受入準備は、進んでいますか?

まずはこの1年を点検し、次の春への準備を。
そして迷ったときは、ナビゲートにご相談ください。

    ↓    ↓
☆点検の様子を少しご紹介。

                       [ね]

────────────────────────────────

◆◇事例:「教えること、教わること」-身近なケース集-◇◆  (2016.12.06)

○2年目で崩れてきたOJT
   
 →AさんのOJTが2年目を迎えたころ、
  異動してきたBさんのOJTも担当することになり......

────────────────────────────────

◆◇研修News&Topics◇◆  (2016.10.21 - 2016.12.05)


○「過労死等防止対策白書」が公表されました。

 →過労死等の概要や政府が過労死等の防止のために講じた
  施策状況を確認できます。


○個人型確定拠出年金「iDeCo」ロゴ決定と事前受付開始

 →事前受付が11月21日から始まりました。


○ポータルサイト「スタートアップ労働条件」

 →自社の労働条件を簡単に診断できます。


○「非正規雇用労働者のキャリアアップを考える」シンポジウム開催

 →2017年2月にかけて、全国10都市で開催予定です。


○就業規則への記載はもうお済みですか
 -育児・介護休業等に関する規則の規定例-

 →改正ポイントの詳しい解説や規定のサンプル等
  参考となる情報が掲載されています。


○「職務分析・職務評価セミナー
  -パートタイム労働者の納得度を高めやる気を引き出す-」

 →12月に大阪で2回開催予定です。


○中小規模事業者向け
 個人情報保護法の5つの基本チェックリスト

 →個人情報を適切に取り扱っているか確認できます。


○キャリアアップ助成金 パンフレット

 →キャリアアップ助成金の概要や受給までの流れなどが
  まとめられています。


○働き方の見直しに取り組む中小企業等に専門家を派遣(東京都)

 →社会保険労務士または中小企業診断士に無料で相談できます。


○「過重労働解消相談ダイヤル」の相談結果

 →合計712件にうち、主な相談内容は、
 「長時間労働・過重労働」や「賃金不払残業」についてが多数。


○公的職業訓練の愛称・キャッチフレーズ

 →少しでも親しみやすく、有効活用されることを期待します。


────────────────────────────────

◆◇社員ブログ:「気まぐれ歳時記」◇◆


○やる気が空回りした稲刈り
                [よ] (2016.11.09)

 →お米のありがたさをしみじみと感じる秋。


○我が家の七五三
                [ゆ] (2016.11.11)

 →3歳の愛娘の晴れ舞台。どうやって思い出に残そうか......。


○(季節限定)ドッジボール部活動
                [よ] (2016.11.17)

 →子供たちに負けず、親たちもがんばります!果たして結果は......。


────────────────────────────────

◆◇ビジネス基本用語集(現在1151語)◇◆


「評価」に関するベーシックな用語をご紹介。


    -:-:-:-:-: ピックアップ! -:-:-:-:-:


○評価のエラー

評価における心理的な傾向のことで、評価者が陥りやすい間違いを
さす。特に、評価者が客観的な評価をしようとしても、無意識のう
ちに紛れ込んでしまいやすいエラーがあり、注意が必要とされてい
る。ハロー効果、中心化傾向、論理的錯誤などがある。


○ハロー効果 

後光効果や威光効果ともいう。モノや人に対して、ある特徴的な一
面に対する印象に幻惑され、その他の側面についても、みな同じよ
うに思い込んでしまうこと。特に人事考課を行う場合に、注意すべ
きことの1つとされる。


○中心化傾向
考課を行う際に陥りやすい心理的な傾向の1つ。全体的に考課点に
バラツキがなく、中心(普通)に偏ってしまうこと。


○論理的錯誤
評価のエラーの1つ。考えすぎや論理的な飛躍によって起こるエラー
をいう。評価項目ごとの関係を意識しすぎた場合や、事実を見ずに
推測で評価した場合に起こりやすい。例えば、1つの評価項目を高
く評価したからそれと関連するこの評価項目でもいいはずだ、これ
が低いのはおかしいなどと思い込んで評価することをさす。

メールマガジン登録

このページの先頭へ