ナビゲートのロゴ

ナビゲート通信

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 私のストレス解消法

No.176私のストレス解消法2017年11月28日

==============================
 ナビゲート通信 No.176
                2017.11.28(月1回発行予定)
==============================

  ★ 私のストレス解消法 ★

ストレス社会、なんて言葉が出てきて
もうずいぶん経ちますが、
みなさんはどうやってストレスを解消していますか?

私は疲れたときは、
休日に一日中寝て過ごします!
長い時は、一日のうち20時間近く眠っていることもあります。

やらなくてはいけないことがあっても
その日は気にしません。
たいていのことはなんとかなる、と
思い切って翌日に回してしまいます。

最近、睡眠負債という言葉が注目されています。
日々の睡眠負債を週末に返済するには、
朝はいつも通りの時間に起きて、夜早く寝る、
というのがよいそうです。
週末に寝だめして遅く起きるのは、体内時計が狂うので
よくないとも言われています。

ただ、私の場合は、好きなだけ寝て満足したら、
不思議と前向きなエネルギーが湧いてくるのです。

身体に悪いと言われることをしないように
気を配るのも、必要なことかと思いますが、
あまり神経質になりすぎるのは、
かえってストレスになるかもしれません。
ようは、「これをしたら自分が元気になる」と思えることを
持っているのが、大事なように思います。

日に日に寒くなり、日照時間も短くなる冬は
気分も塞ぎがちになってしまいますので、
自分に合ったストレス解消方法を
見つけて元気に過ごしていきたいですね。

     ↓   ↓
☆眠りのおともをちょこっとご紹介。
                       [に]


────────────────────────────────

◆◇事例:「教えること、教わること」─身近なケース集─◇◆ (2017.11.16)

○教えると教わる
   
 →新人アルバイトA君への指導に行き詰まっていた私。 
  自分の教え方をおおいに反省し、A君に伝えたこととは......。 

────────────────────────────────

◆◇社員ブログ:「気まぐれ歳時記」◇◆


○初めての習い事
                [ゆ] (2017.11.17)

 →新たな世界が広がりますように。


○2018年版スケジュール帳(無料)
                [ち] (2017.11.22)

 →来年もぜひご活用ください!PDFをダウンロードできます。


────────────────────────────────

◆◇研修News&Topics◇◆  (2017.09.27 - 2017.10.24)


○特別な休暇制度の導入活用セミナー

 →平成29年11月から平成30年2月まで、全国7カ所にて開催予定です。


○平成29年版 厚生労働白書

 →第1部「社会保障と経済成長」、第2部「現下の政策課題への対応 」の
  2部構成になります。


○ユースエール認定到達度の診断

 →10の質問に答えると診断結果が出てきます。


○同一労働同一賃金に関する企業の取り組みアンケート調査結果

 →全22問、総務・人事部門を中心に248名の回答結果です。


○中小企業のための女性活躍推進事業

 →サポートサイトにて、各種取り組みが紹介されています。


○子どものいる世帯の生活状況および保護者の就業に関する調査2016

 →調査結果によると、平均世帯収入は増加、貧困率は改善傾向。


○平成29年「高年齢者の雇用状況」集計結果

 →定年制の廃止および65歳以上定年企業の状況などについて、
  企業2,079社が回答。


○「第10回ワークライフバランス大賞」のご案内

 →応募期限は、12月15日になります。


○新しい外国人技能実習制度がスタートしました

 →外国人の技能実習生制度の拡大と、
  実習生の保護強化を目的としています。


○平成29年10月改正育児・介護休業法に関するQ&A

 →Q&A集でさまざまな疑問が解決できそうです。


○労働関係法令学習用 スマートフォンアプリ

 →スマートフォンでも学習できるようになりました。


○平成28年における留学生の日本企業等への就職状況

 →アジア諸国が全体の95.5%を占めています。 


○2017年度マイナビ大学生インターンシップ調査結果

 →インターンシップの参加率は72.2%(前年比12.5pt増)。


○平成29年度 今冬のインフルエンザ総合対策 総合サイト

 →今シーズンのインフルエンザの発生状況や予防、
  治療に関する情報が紹介されています。


○「ねんきん情報アプリ!」の提供開始

 →スマートフォン用アプリで、気軽に年金について
  調べることができるようになりました。


○ハラスメントと暴力に関する実態調査

 →職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがあると
  回答した人は5割半ば。


○在宅ワーカーと企業のマッチング好事例集

 →具体的な受発注事例をホームページで確認できます。


────────────────────────────────

◆◇ビジネス基本用語集(現在1153語)◇◆


 「マーケティング」に関するベーシックな用語をご紹介。


    -:-:-:-:-: ピックアップ! -:-:-:-:-:


○ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック (door-in-the-face technique)

要求水準の落差を利用した交渉術。譲歩的要請法ともよばれる。
依頼や交渉の際、最初に難度の高い要求を出して相手に一旦拒否
させておき、それから徐々に要求水準を下げていく話法のことで、
先立つ要求を目くらましにして、最終的に、こちらの最も望まし
い要求を承諾するよう相手を導く。この名称は、訪問先でセール
スマンがひとまず相手に拒否させるために、ドアが開いたらいき
なり顔を突っ込む動作に由来する。
人は誰かの要求を拒否すると、断ってしまった後ろめたさを感じ
る場合がある。ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックは、この
後ろめたさを解消するために人が「受けた物事に対して何らかの
お返しをしようとする」心理に働きかける。こちらの要求を1度
ないし複数回相手に断らせることによって、そのお返しとして相
手が承諾してしまうような流れをつくりだす。


○フット・イン・ザ・ドア・テクニック (foot-in-the-door technique)

相手の承諾から生まれる慣性を利用した交渉術。段階的要請法と
もよばれる。依頼や交渉の際、相手が承諾しやすい要求から始め
て、徐々に要求を大きくしていく話法のことで、小さな要求への
承諾をステップとしながら、最終的に、こちらの最も望ましい要
求を承諾するよう相手を導く。この名称は、セールスマンが訪問
先でまず片足をドアに入れて閉まらないようにし、相手が商談を
拒否できないようにする動作に由来する。その由来通り、セール
ステクニックとして活用されている。
この話法は、人の「一貫した振る舞いをしようとする」心理に働
きかける。一般に、最初から大きな要求を提出すると、相手は警
戒してなかなか承諾しない。そこで、比較的簡単な要求を1つな
いし複数承諾してもらい、話の流れをつくることで、相手の警戒
心を解いていく。すると、ある程度大きな要求でも承諾してしま
う勢いを相手の側に生み出すことができる。

メールマガジン登録

このページの先頭へ