ナビゲートのロゴ

OJTコーナー

045-561-2251
お問い合わせボタン
  1. 2年目で崩れてきたOJT

« Back | OJT体験談 INDEX |  Next »

産業資材卸のOJT

2年目で崩れてきたOJT

  • Lボタン
  • Mボタン
  • Sボタン

産業資材卸(男性)  2016-12-06

Tags:

2年目で崩れてきたOJT

28歳のとき、新卒で入ったAさんのOJTトレーナーを受け持ちました。Aさんは真面目な性格で、最初はとてもやりやすかったと思います。
私達は、生産資材の調達部門で、各拠点とサプライヤーさんの間に入って、発注・購買、在庫の調整などを行っていました。

取り扱う資材の種類が多く、取引先も国内外多岐にわたるため、一人前になるには3〜4年はかかると言われています。なので、課長からも「3年間は面倒をみるように」と言われていました。

Aさんは慎重でミスも少ない反面、応用がきかないところがありました。
少し物足りなさは感じていたものの、経験をつめばそのうち慣れてくるだろうと、気長に待つように心がけました。

2年目を迎えた春、中堅社員が1人退職したため、Bさんという女性が異動してきました。Bさんは、ある拠点で事務を担当していましたが、課長がその仕事ぶりを見込んで引き抜いたカタチでの異動でした。
Aさんよりも1年後輩ですが、拠点で実務を担当していただけに飲み込みが速く、職場にもすぐになじんだようです。

私は、AさんのOJTとともに、BさんのOJTも担うことになりました。ただ、ひと通りの業務はすでにAさんができるようになっていたので、多くはAさんが指導を担当できます。これは楽でした。人を育てるってこういうことなんだなぁ、とつくづく実感しました。
そんなふうに順調にすべりだした2人目のOJTでしたが、3カ月も経ったころから、Aさんの様子が少し変わってきたのです。


あるとき、取引先の工場のトラブルで資材調達ができなくなり、急きょ代替品を調達しないといけなくなったことがありました。
そういうときは、真っ先に私に報告・相談すべきところ、Aさんは独断で新規のサプライヤーに見積りを依頼していたのです。

「○○社からの見積りが届いたんですが、これで発注しようと思うんですがいいですよね?」
「え?どういうこと? 」
「あれ? リーダーにもメールがCCで届いていますよね? 工場トラブルの件ですが」
「何それ?」そこで初めてことの次第を知りました。

確かにメールを見落としていた私も悪かったのですが、そういうトラブルが発生したときは、必ずAさんから直接報告があったので、安心しきっていたのでした。

「そういうことはちゃんと口頭で報告しないとだめだろう。Aさんらしくないな」
「はぁ、でも代替資材が見つかったので、解決ですよね」
「そういう問題じゃないだろう。それになんで○社なのか、理由を説明してよ」
「......ネットで調べて、評判がよくてコスパもよかったから」
「実際に担当者に会ったの? 審査部は通したの? 他はどこをあたったの?」
「それは......」

これまで、ちょっとしたイレギュラーでもすぐに指示を仰いできたAさんだけに、急に独断で、しかも浅はかな判断をしたことに、私はあきれてしまいました。

またこんなこともありました。
拠点間の在庫調整が必要なとき、本来ならエリア内の一番近い拠点から移動すべきところ、別のエリアから移動処理をしたのです。

「そちらに多く余っていたので」というのがAさんの理由です。

「あのさぁ、数の問題だけじゃないでしょう。拠点の販売状況とか、移動の経費とか、ルートの効率とか、他に考えないといけないことがたくさんあるでしょう」そんな調子でした。

単純な「ミス」というわけではないので、表立って問題になることはなかったのですが、Aさんの判断は、ことごとく短絡的に思えました。またその非効率な判断をもとにBさんに指示を出して、余計な仕事を増やしてしまっていることが、ますます私をいらつかせました。

しかし、いくら言ってもAさんの判断が修正されることはなく、そのうち私は面倒くさくなって、Aさんと距離をおくようになったのです。Aさんも私のことを煙ったく感じていたことでしょう。
会社にとっては損失だけど、いくら言ってもムダだし、自分が嫌われ役になるのもばかばかしい。もうOJT期間も過ぎたことだし、知るもんか。......そんな気持ちでした。


Aさんとの間が、なんとなくぎくしゃくしたまま、私は新素材のプロジェクトメンバーに抜擢されて異動になりました。
その後のAさんがどうなったかわかりませんが、まだ同じ部署にいるようです。

自分の中では、もやもやと中途半端な気持ちが残ったOJT経験となってしまいました。
会社の損失に対して、見て見ぬふりを決め込んだことについても、少々後ろめたさを感じています。

あの頃、いったいAさんの中で何が起こっていたのか、私はどう対応すればよかったのか、今だによくわかりません。
それとも、能力の問題だからしかたないのかな、という気もしています。


OJT新人ノート

OJT実践ノート

この記事のトラックバックURL
http://www.navigate-inc.co.jp/cgi-bin/mt51/mt-tb.cgi/3382

Comments:0

教えること、教わること〜OJT身近なケース集〜のご感想・コメントをお寄せください

Comment Form

コメントを表示する前に弊社担当者の承認が必要になることがあります。

この情報を登録しますか?


Trackback:0


ナビゲートのOJT教材・研修

採用情報

一緒に働くスタッフを募集中です

OJT実践ノート

書いて残せる「OJT実践ノート」新人を育てる確かな方法があります。

OJT新人ノート

新人の成長を記録し、OJTを活性化させる「OJT新人ノート」

OJT実践ノート紹介動画

「OJT実践ノート」の概要をビデオで解説します。

OJTリーダー養成研修

新入社員受け入れのためのOJTリーダーを育てます。

OJTリーダーフォロー研修

OJT指導の見直しに効果的です。

新入社員読本1st step

研修の副教材や内定者向け教材としてご活用ください。

最近の記事

カテゴリ

過去分一覧(年度別)

タグ一覧

ランキングに参加しています

ビジネスブログ100選

ビジネスブログ100選

このページの先頭へ